zaxs1’s blog

芸能関係のニュース、一般ニュースを送りますよろしく。

お前らマスコミのコロナ報道に怯えて居るチキン野郎どもだよ。

精神を病んでいるかも知れない玉川徹氏、花子への五輪辞退求めるメッセージに怒り「一義的な責任は政府にある」

 
東京・六本木のテレビ朝日

 10日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・午前8時)では、白血病による長期療養を経て東京五輪代表入りを決めた競泳女子の池江璃花子(20)=ルネサンス=がSNSを通じて代表の辞退や五輪への反対を求めるメッセージが寄せられていることをツイッターで明かした一件を特集した。

 コメンテーターで出演の同局・玉川徹氏(58)は「アスリートの方々、本当かわいそうだと思います」と、まずコメント。

 「被害者だと思います、アスリートの方々は。じゃあ、何の被害者なんだろうと考えた時にここまで(の声を)抑えられなかった一義的な責任は政府にあるんでしょうね、やっぱり」と続け、「(新型コロナの)感染を抑え込んでいれば、誰も文句を言わず、オリンピックを見たいと、みんな言って、やれていたはず」とした。

 さらに「オリンピック対策にも矛盾を感じるんだけど、菅(義偉)総理が開催できるのかって質問に対して『できますよ。選手は毎日、検査を行う厳格な対策をする』って言っている。でも、同じ政府の中の分科会が『事前確率の低いところの検査は意味がない』って言っている。じゃあ、なんで、オリンピック選手に毎日検査するんですか? ここに矛盾があるわけですよ」と話すと「国民に対しては事前確率の低い、感染率の低いところで(検査を)やるのは意味がないと言いながら…。選手たちは事前確率低いですよ。各国で検査して陰性と分かってから入ってくるって前提になっているから。そういう人たちに毎日、検査するんですよ。同じ政府でどっちが正しい話なんですか?ってことになるじゃないですか」と続けていた。

目標は2000人の筈だが、頑張りましょうマスコミさん。

東京都で新たに573人の感染確認

 

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が続く東京都内で、10日、新たに573人の感染が確認されました。重症者は9日から5人増えて78人でした。

サバンナ高橋が天下を取る日 コンプライアンス時代に「クリーンすぎる芸人」が本領発揮

サバンナ高橋が天下を取る日 コンプライアンス時代に「クリーンすぎる芸人」が本領発揮

サバンナの高橋茂雄(C)朝日新聞社

(AERA dot.)

 4月からスタートした「きんだーてれび」(テレビ東京)内で放送が始まった子ども向け新アニメ「iiiあいすくりん」。アイスクリームタウンに暮らす個性豊かな“あいすくりん”たちの日々をほっこり描く子ども向けアニメ番組だが、本作のナレーターを務めるのがお笑いコンビ・サバンナの高橋茂雄(45)だ。実は高橋は子ども向け番組「みいつけた!」(NHK Eテレ)でも人気キャスト・コッシーの声を担当しており、今年で12年目を迎える。声だけで言えば、大人よりも子どもの間での知名度が高いのだ。



 テレビだけではなく、劇場版「ドラえもん」では3作連続で声優として出演するなど、個性的な“声”で売れっ子ぶりを発揮しているのだ。

「高橋さんは子どもたちやママたちから絶大な人気を誇っています。なんと、その魅力的な声に一番初めに目をつけたのは大林素子さんだと、週刊誌のインタビューで高橋さんが明かしていました。もう20年以上前の話だそうですが、芸人好きとして知られていた大林さんは、好きな若手芸人を尋ねられると必ず高橋さんの名前を挙げていたそうです。その理由が『声がめちゃくちゃイイから』だったそうで。高橋さんご本人はまさか自分が声の仕事に携わることになるとは思ってもいなかったと話していました」(テレビ情報誌の編集者)

「たいこ持ち芸人」「おなかピーピー芸人」「中学の時イケてないグループに属していた芸人」…などなど、多くの肩書(?)を持つ高橋。最近では、長嶋一茂石原良純高嶋ちさ子が出演する「ザワつく!金曜日」(テレビ朝日)での見事なMCぶりに“猛獣使い”との新たな異名も誕生している。

「お嬢様&お坊ちゃま育ち3人の奔放な発言や勝手気ままぶりが視聴者にウケて、深夜番組からスタートし、ゴールデンに進出した同番組。収集がつかなくなりそうな3人の話をうまくコントロールし、番組をおもしろくしている真の立役者は高橋さんだという声も多い。彼のMCとしての評価は業界内では高く、1月末にくも膜下出血脳梗塞で治療中だった爆笑問題田中裕二の代わりに『サンデー・ジャポン』(TBS)のMCにも抜擢されたほど。その前週の代打を、くりぃむしちゅー上田晋也さんが務め、17.9%の視聴率をたたき出したため『上田無双の後は誰もがやりにくいって!』と苦笑していた高橋さんでしたが、太田光さんは『中堅で一番のMCですからね』と期待を寄せていました。結果は平均視聴率14.2%と合格点だったのではないでしょうか」(放送作家

 2018年からは、突如打ち切りとなった「Rの法則」の後番組「沼にハマって聞いてみた」(ともにNHK Eテレ)のMCを務めているが、こちらも評価が高い。同番組のチーフプロデューサーは「オリコンニュース」(2019年12月17日配信)の取材に対し、「(高橋は)基本的に人を肯定し、まず10代の話をきちんと聞いてくれます。愛あるいじりも含めて、トークのさじ加減が本当に素晴らしい」と太鼓判を押している。

Perfumeあ〜ちゃんとはすでに破局

 一方で、業界内では高橋の“クリーンさ”も評価されている。NHKで長年、活躍できるのはスキャンダルが一切なかったからだ。

「高橋さんはおととしの吉本の闇営業騒動でも無関係で、恋愛ざたなどスキャンダルとも無縁なので、仕事をオファーする側からすれば安心してお願いできるタレントさんの筆頭となっているようです。Perfumeあ〜ちゃん西脇綾香)と恋愛&破局報道はありましたが、不倫や二股などではなかったので、特にマイナス印象になるわけでもなく、最近は共演していたほど。ただご本人もそこは気を付けているようで、子ども向け番組を多く担当することになり、スキャンダルには相当、気をつかっているそうです。『たいこ持ち芸人』と揶揄されていますが、基本的には世渡り上手だと思うので、理性を失って暴走する危険性は感じられません」(同)

 高橋の実家は歯科医で、祖父や兄、親戚などすべて歯科医の家系だとか。「ボンボンだった」と各所で語っている高橋だが、にじみ出る品の良さや余裕、さらに立命館大学卒という地頭のよさが自然と視聴者にも伝わっているのかもしれない。

 お笑い評論家のラリー遠田氏は、サバンナ高橋についてこう評する。

「高橋さんは典型的な“能あるタカは爪を隠す”というタイプの芸人だと思います。ネタもトークも、そしてMCも何でも器用にこなす能力がありながら、それを自分からひけらかしたりしません。だからどの世代の視聴者からも反感を買うことがなく、子供から中高年まで幅広い層に支持されているのだと思います。『たいこ持ち芸人』と呼ばれていたのも、彼がことさらに先輩にいい顔をしていたからではなく、常に目の前の人を楽しませようとする真摯な姿勢が評価されてきたからではないでしょうか」

 好奇心旺盛で多趣味でもある高橋。「音楽」「謎解き」「銭湯」「マンガ」など、多分野において強みを持つ彼の引き出しはまだまだ無限大。コンプライアンスが重視される時代には、高橋が持つ「クリーンさ」は大きな強みになりそうだ。(高梨歩)






金屏風会見で中森明菜は近藤真彦に騙されたのか 仕掛け人が語っていた真相

金屏風会見で中森明菜は近藤真彦に騙されたのか 仕掛け人が語っていた真相

1989年の大みそかに開かれた「金屏風会見」

(デイリー新潮)

 不倫発覚を端緒にジャニーズ事務所を退所したマッチこと近藤真彦(56)が強い逆風にさらされている。かといって歴史まで改変するわけにはいかないはず。1989年に行われた中森明菜(55)による「金屏風会見」が、明菜には婚約会見と伝えられていたという事実はない。

 ***

 1989年大晦日の夜10時から、明菜は東京・新高輪プリンスホテルで緊急会見を開いた。近藤も同席した。

 明菜は同7月11日夜、東京・六本木の近藤宅で自殺未遂を図った。その後、姿を消していたとあって、注目の会見だった。

「勝手な自分のわがままな行動に出てしまい、皆さんにこんなにまでもご迷惑をお掛けし、ご心配をお掛けしたことを深くお詫びします」(明菜)

 会見はテレビ朝日が生中継。仕掛けたのは同局元取締役制作局長の皇達也さんである。今年2月に逝去したが、筆者は25年前から最晩年までお付き合いさせていただいた。

 この会見についても2019年7月に2時間にわたってホテルのグランドハイアット東京で話を聞き、記事にした。その後もたびたび話題になった。取材メモの一部を再掲する。

「明菜さんを婚約会見だと騙して連れ出したと言っている人がいますが、冗談じゃありませんよ。訴えたいくらいだ。彼女の衣装を見てください。地味なスーツですよ(注・淡いグレイのスーツ)。あんな格好で婚約会見する女性なんていないでしょ」

 皇さんは「タモリ倶楽部」や「ミュージックステーション」などを立ち上げた人。温厚な人柄で知られたが、この件に関しては怒りを隠さなかった。

「第一、スポンサーにどう説明するんですか。後になって明菜さんを騙していたなんてことになったら、私のクビが飛ぶだけでは済みませんよ。いくら視聴率が欲しいからといって、そんな反社会的なことをテレビ局が出来るはずがない。おまけに騙して生中継なんて怖くてやれない。明菜さんが『騙された』と口にするかもしれない。そうしたら、何もかもがお終いですよ」(皇氏)

 金屏風を用意したのはホテル側だった。明菜の復帰会見だから、めでたい席だと判断し、気を利かせた。これが誤解を招く。

 金屏風以外、婚約会見を匂わせるものは何一つない。近藤も普通のスーツ姿。近藤側と明菜側から取材陣に「婚約会見になる」と説明されていたわけでもない。

「あのころの常識として会見しないと明菜さんは復帰できない。マッチも活動しにくい。だから明菜さんとマッチの関係者が話し合い、記者会見することになった。自殺未遂から半年経ち、姿を現したと思ったら、いきなり婚約会見なんて、おかしいでしょ。あり得ない。明菜さんだって嫌がりますよ」(皇氏)

 会見中、明菜は何度も殊勝に頭を下げた。謝罪の言葉も繰り返し口にした。強要されているようには見えない。疑う向きはYouTube等で当時の映像を確認してほしい。

自殺未遂のワケは

 また、当時の新聞・雑誌記事も片っ端から見たが、「婚約会見のはずだった」というくだりは一切ない。たとえば1990年1月19日号の「フォーカス」(休刊中)は「『明菜マッチ会見』を操った黒幕のソロバン “ミソギ”のための大イベント」と題した特集を組み、詳報しているが、やはり婚約会見という文言はない。2人の復帰のための会見だと強調している。

「新聞と雑誌が忖度した」と思う人もいるかもしれない。けれど写真誌や実話誌は昔も今もジャニーズ事務所や、明菜の当時の所属事務所であった研音への気遣いなどない。それが写真誌と実話誌の生命線だ。

 第一、当時の明菜が騙さないと会見場に引っ張りだせないほど頑なだったら、本人は騙されていると分かった時点で退席するはず。よく考えると、辻褄が合わないことだらけなのだ。

 当時、明菜は自殺未遂の理由をこう説明した。

「私が仕事をしていく上で一番信頼しなきゃいけない人たちを、信頼することが出来なくなってしまった」(明菜)

 近藤との関係がうまくいっていないことが自殺未遂の大きな理由と思われたが、一方で仕事上の悩みを抱えていたのも事実。

 当時の明菜は超売れっ子。カネのなる木には不純な輩も寄って来る。明菜に甘言を並べ、研音から独立させようと目論む人間もいた。明菜が信頼していたスタッフの悪口を吹き込んだ。これによって明菜は人間不信に陥り、やがてトラブルに発展する。

 では、なぜ近藤宅を自殺未遂の場所に選んだのか。明菜はこう説明した。

「自分が一番信頼できたたった1人の人だったので、近藤さんの部屋に行ってしまって。最初に見つけてほしいなと思って」(明菜)

 明菜の孤独を表す。一方で部屋のカギまで渡した近藤の無自覚と無責任も感じさせる。親しい関係にあったのは疑いようがない。

 会見当時の近藤は25歳。明菜の復帰を祝福する通り一遍の言葉は口にしたものの、その翌1990年に控えた芸能生活10周年のアピールのほうが熱心だった。やはり無責任に映った。

「騙された」説はいつから?

 では、いつから「明菜は騙された」という金屏風会見の伝説が生まれたのか。新聞・雑誌のすべてを検索システムを使い、確認したところ、2016年2月以降のこと。つい最近だ。

 ある雑誌がこんな匿名の芸能ライターの談話を掲載した。

「明菜はジャニーズサイドから『マッチとの婚約会見だから』と呼ばれたが、現場に来てみると違っていた。つまり騙されたというのが通説になっています」

 以来、この類の話が散見されるようになった。

 実のところ、1990年代前半から、冗談としては流布されていた話だった。筆者がスポーツ新聞に勤務し、文化部記者をしていたころ、先輩の敏腕記者が酒席で、「明菜ちゃんは婚約会見だと騙されてたんじゃないの」と漏らした。おそらく、ほかの記者も同じような冗談を口にしただろう。この類の話には尾ひれが付きやすい。

 昭和の大物芸能人がガンで亡くなった際、「本当の死因は違う」とささやく人がいたことを思い出した。そんな話は今も絶えない。

 近藤の25歳年下女性との5年不倫が発覚したのは昨年11月。直後から無期限活動自粛に入り、4月30日に石もて追われるようにジャニーズ事務所を去った。やむを得ないだろう。スタッフやファンを裏切ったのだから。

 近藤は1990年代からヒット曲がほとんどない。明菜の会見以降、売れなくなったと言い換えてもいい。近藤は無責任に接してしまった明菜の幻影から、いまだ逃れられていないのではないか。

 金屏風の伝説が生まれた背景もそこにあるだろう。






広瀬アリス、飲み友達は唐沢寿明 豪華メンバー同席も「内容がない会話ばっかり」

広瀬アリス、飲み友達は唐沢寿明 豪華メンバー同席も「内容がない会話ばっかり」

広瀬アリス

(サンケイスポーツ)

 女優、広瀬アリス(26)が9日放送の日本テレビ系「おしゃれイズム」(日曜後10・00)に出演。俳優、唐沢寿明(57)と飲み友達であることを明かした。芸能人との交友関係が狭いという広瀬。「ある一部の男性とはすごく仲良くなれる」そうで、飲み友達として唐沢の名前を挙げた。

 「唐沢さんは、コロナ前とかは多いときは週2とかで行かせていただいてました。2日連続とかで」と明かし、2人きりではなく谷原章介(48)、及川光博(51)らを交えて、唐沢の妻・山口智子(56)が同席することもあるという。

 豪華なメンバーの飲み会に、MCの上田晋也(51)が「どんな話するの?」と興味津々で尋ねると、広瀬は「ほんとに内容がない会話ばっかりで」と暴露。「だいたい唐沢さんが9割くらいしゃべってるんですけど、下ネタに走ったらみんなから怒られるんですよ。『うるさい』って」と明かし、「(私を)女子って思ってない。小僧くらいにしか」と笑っていた。






阿部寛主演「ドラゴン桜」第3話は12・6% 16年ぶり“伝説の名台詞”やSNS活用の勉強法が話題

阿部寛主演「ドラゴン桜」第3話は12・6% 16年ぶり“伝説の名台詞”やSNS活用の勉強法が話題

TBS日曜劇場「ドラゴン桜」の主演を務める阿部寛

(スポニチアネックス)

 俳優の阿部寛(56)が主演を務めるTBS日曜劇場「ドラゴン桜」(日曜後9・00)の第3話が9日に放送され、平均世帯視聴率は12・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが10日、分かった。同時間帯横並びトップ。今作、阿部の口から初めて放たれた前作の“伝説の名台詞”「バカとブスこそ東大へ行け!」やSNSを活用した勉強法が話題を呼んだ。

 初回は14・8%、第2話は13・9%。

 阿部が主演を務め、2005年7月期に金曜ドラマ枠でヒットした学園ドラマの16年ぶり続編。前作は、経営難の三流私立校・龍山高校を舞台に、元暴走族の弁護士・桜木建二(阿部)が落ちこぼれの生徒を東大合格へ導いた。今回の原作は、18年から週刊漫画誌「モーニング」(講談社)に連載されていた三田紀房氏の「ドラゴン桜2」。前作の原作「ドラゴン桜」(03〜07年連載)の15年後を描くが、現代の日曜劇場にふさわしいエッセンスを盛り込んだドラマオリジナルの物語が展開される。

 阿部が伝説の弁護士・桜木役に再び挑戦。女優の長澤まさみ(33)が桜木の教え子・水野直美役を続投。水野は一浪して東大に合格し、弁護士資格を取得。新シリーズはドラマオリジナルの舞台・龍海学園の教頭・高原浩之(及川光博)が学園再建のため、桜木と水野を招き、幕を開けた。

 第3話は、理事長の久美子(江口のりこ)は東大専科に生徒が集まり始めたことに焦り。もしも東大合格者が5人出れば辞任しなければならない。早めに専科をつぶそうと、対抗する難関大コースを新設し、理系トップの秀才・藤井(鈴鹿央士)を引き入れる。東大専科を見下す藤井に、桜木は「おまえに東大は無理だ」と断言。反発した藤井は東大の過去問を使った「東大専科」VS「難関大コース」での勝負を持ち掛け、負けた方のクラスは即廃止!存続をかけた勝負は3週間後…という展開だった。






今や「タレント一家」、キムタク&静香が初ツーショットを撮られた頃

今や「タレント一家」、キムタク&静香が初ツーショットを撮られた頃

キムタク&静香

(デイリー新潮)

あたり憚らず堂々と…

 長女Cocomi、次女Koki,とともに、何かと話題のキムタクファミリー。先日もKoki,が出演した伊ヴァレンティノ(VALENTINO)のウェブCMが炎上したが、娘たちの売り出しに必死なのが妻・工藤静香だと言われている。さて、これはまだ夫妻が独身時代のお話。静香の娘たち売り出しへの熱心さは、当時の「ある事情ゆえ」と囁かれるのだが…。

 ***

「付き合っている」と巷のウワサに上っても、なかなかツーショットが拝めない。そんな二人を初めて捉えたのがこの写真だった。2000年3月の晴天下、場所は河口湖。仲良くバス釣りに興じているのは、木村拓哉(当時27歳)と工藤静香(同29歳)のカップルである。

「1999年暮れ、工藤の家に木村が出入りする姿が捉えられ、交際は公然の秘密とされてきましたが、肝心のツーショットは皆無だった。何しろ木村は、それまで交際していたモデルのカオリンとも一緒に撮られたことがなかったのです」(ベテラン芸能記者

 当日の二人は、サングラスを唯一の“防具”とし、あたり憚らず堂々振る舞っていた。当時の取材班の一人が言う。

「朝方、キムタクの車で到着した二人は、友人のフィッシングショップに向かい、オーナーが操縦するボートで湖に出たのです。我々も舟を仕立てようとしましたが、バスは岸辺の岩場にスポットがあることが多く、こちらに向かって釣糸を垂れるはず。ならば岸から狙ったほうが撮れるだろうと考え、岩場に隠れて構えました。ところが彼らは、釣れないとすぐモーターを回して別のスポットへ移動するものだから、こちらも岩場から岩場へと匍匐前進を繰り返す羽目になりました」

 折からの強風で、二人は昼前にいったんショップに撤収。釣りが再開されたのは午後2時頃だった。

結婚に大反対したマネージャー

「現地は春といっても寒く、キムタクは工藤の背後に回ってコートを着せてあげるなど、さりげない気遣いが板についていた。肝心の釣りは振るいませんでしたが、夕方になってそれまで“坊主”だった工藤の竿がヒットしました。よほど嬉しかったのか、釣った魚を持って二人で記念撮影していました」

 このデートの3週間後、カップルは種子島に上陸。5泊6日の婚前旅行を敢行し、鉄砲伝来以来の騒ぎを巻き起した。同年暮れには入籍に至るが、この時、工藤は妊娠4カ月だった。

 芸能レポーター石川敏男氏が言う。

「二人の結婚に猛反対したのは、SMAPを育ててきた飯島三智マネジャー(現・CULEN代表取締役)でした。彼女は5人の和を乱さないために思い止まらせようと、キムタクの前で『(工藤は)以前はYOSHIKIと付き合っていた女』などと言い放った。キムタクは、自分の選んだ女性を悪しざまに言われたことで『この人とは一緒に仕事はできない』と悟ったというのです」

 そこに、のちのSMAP分裂の萌芽があったというわけだ。

おニャン子時代から、清純ぶることなく本音で生きるイメージで人気だった工藤は、キムタクの妻となって大きく人生が変わった。そのキャラを生かせばバラエティや育児番組でも重宝されたでしょうが、国民的スターの妻となったことで一気に裏方へ回ることになった。現在、次女のモデル・Koki,のプロデュースに余念がないのは、華やかな世界から退かざるを得なくなった自身の思いがあるのだと思います」(アイドル評論家の中森明夫氏)

 あるいはこの時、湖面に互いの思いを映し合っていたのか。